想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:ワンサイドP乳剤
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

新時代の宇治茶生産へ「令和2年度茶業研究所研究報告会」オンライン開催2021年1月27日

一覧へ

京都府農林水産技術センター農林センター茶業研究所は2月22日、新時代の宇治茶生産に向けて「令和2年度茶業研究所研究報告会」をオンラインで開催する。

新時代の宇治茶生産へ「令和2年度茶業研究所研究報告会」オンライン開催

同研究所は、「新時代の宇治茶イノベーションの拠点」として、新時代に対応した宇治茶の価値・魅力を発信し、安心安全かつ高品質な茶の生産について研究している。今回は、令和2年度研究報告会を開き、近年、生産が増えている直がけてん茶の品質を向上させる栽培技術や、宇治茶の優れた伝統栽培である自然仕立ての効率的な防除方法、被覆が秋てん茶の品質や生育に与える影響について報告する。今年度は、新型コロナウイルスの感染拡大防止対策のため、初のオンラインで行う。

◎開催概要
日時:2月22日9:00~3月15日17:00

場所:YouTube(事前に録画した内容をYouTubeで公開)

内容
・直がけてん茶の品質向上に向けた被覆開始・摘採時期の管理(30分) 京都府農林水産技術センター農林センター茶業研究所主任 下司純也氏
・手摘み園における省力防除技術の開発(10分) 京都府農林水産技術センター農林センター茶業研究所副主査 南村佐保氏
・秋芽の被覆が品質関連成分及びその後の生育に与える影響について(10分) 京都府農林水産技術センター農林センター茶業研究所主任研究員 木下和二氏

<申込方法>
京都府府民総合案内・相談センターへ電話、FAX、メールのいずれかで氏名・市町村・所属・メールアドレス・参加(視聴)人数を記載の上、申込む。

(電話)075-411-5000、(FAX)075-411-5001、(メール)411-5000@pref.kyoto.lg.jp

申込期限:3月12日

最新の記事

シンジェンタミラビスフロアブル:SP

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

topへ戻る