Z-GIS左PC
第42回農協人文化賞
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドPS:大豆剤
全農ビジネスサポート:センター上:PC
全農ビジネスサポート:センター上:SP

奈良県曽爾村の「そにのわマルシェ」売上がコロナ前の2.5倍に2021年3月16日

一覧へ

奈良県で農業振興事業を手がける曽爾村農林業公社(宇陀郡曽爾村)のWEBショップ「そにのわマルシェネット便」は、農家の新規販売ルートを確立し、登録農家の野菜と加工品の売上がコロナ前と比較し約2.5倍になった。

8〜15種類の野菜を詰め合わせにしたセットを販売中8〜15種類の野菜を詰め合わせにしたセットを販売中

「そにのわマルシェネット便」は、新型コロナウイルスの影響で売上が減った野菜や加工品の新たな販路を拡大しフードロスを減らすため、2020年8月にWEBショップを開設。曽爾村の野菜や加工品の詰め合わせセットの販売を始め、15日現在、登録農家の野菜と加工品の売上は約500万円を超え、2019年度実績比較し約2.5倍増となった。

曽爾村の19軒の農家と5軒の加工品生産組合と契約し、野菜や加工品を取り扱っており、毎月8~15種類の野菜と1~3種の加工品がラインナップとしてセットに入る。生産者に直接聞いた野菜のおすすめの食べ方やレシピカードも同梱。また、WEBショップは商品の販売以外にも、生産者の想いや、曽爾村の日々の暮らしなどコラムとして発信している。

詰め合わせセットは、野菜と加工品の詰め合わせた「おうちで曽爾セット」がSサイズ2500円、Mサイズ4500円。野菜のみの詰め合わせた「季節のお野菜セット」はSサイズ1500円、Mサイズ3000円。

次年度は農家の契約件数を増やすとともに、新たに野菜の定期便の開始や季節限定セットも販売予定。また、野菜の栽培品種と数量を農家とともに計画し、更なる需要に向け生産体制を整える。

【そにのわマルシェネット便】

最新の記事

ダイヤ工業株式会社:右上:SP

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

農協時論

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA全農・部長インタビュー:2021年度事業計画

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る