Z-GIS左PC
第42回農協人文化賞
左カラム:全中動静160_86
想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
石原ヘッドSP:ネマトリンエース
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

日の丸の「赤」の源流を知る「日本茜展」開催 日本茜を拡げる会2021年4月21日

一覧へ

「TEAM EXPO 2025 共創チャレンジ」に登録している「日本茜を拡げる会」は5月2日~15日、日本茜展を大阪府立弥生文化博物館で開催する。

「日本茜展」「日本茜展」(クリックで拡大)

「日本茜」は、日本国内の至る所で自生する草だが、現在ではあまり認知されていない。古代で赤色は日本茜の根である「赤根」により染められていたことから茜=赤根と呼ばれる。実際に魏志倭人伝や万葉集などの書物にも日本茜に関する記録が数多く残されており、日本茜で染めた鎧や服飾品なども国宝として多数保存されている。また、黒船来航時に日本総船印として制定された日本国を記す「日の丸」も日本茜で染められていたという。

こうした歴史からも日本の赤は正に「JAPAN RED」と言えるが、染色には大量の赤根を必要とすることや、染法の難しさ、染師の減少に加え、栽培に3年もかかるなどの理由から日本茜による染色は衰退し、今では幻の植物となった。

日本茜展では、その日本茜が持つ不思議な魅力やポテンシャルを紹介することで「JAPAN RED」を一人でも多くに知ってもらい、日本の色彩文化を復興させるための普及活動第1弾として開催。期間中は、会場内で染色実演などを取り入れた特別講演会も同時開催する。

日本茜日本茜

【TEAM EXPO 2025 共創チャレンジ】

最新の記事

ナガセサンバイオSP 2021

イソクラスト:SP

原発処理水海洋放出

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

topへ戻る