Z-GIS左PC
第42回農協人文化賞
左カラム:全中動静160_86
想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッダー・SP・BASF:コテツフロアブル
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

秋の農産物見本市「AGROIBERIA」参画など発表 在マドリード日西商業会議所2021年4月21日

一覧へ

スペインのマドリードに拠点を置く日西商業会議所は、スペイン商業情報誌「スペイン広報」の最新号104号で、9月29日から10月3日にスペインのアランフェスで開催される「農産物見本市アグロイベリア2021」への参画などを発表した。

秋の農産物見本市「AGROIBERIA」参画など発表 在マドリード日西商業会議所

スペイン農業者組合ALKAMとアランフェス市などが主催する国際農産物見本市「AGROIBERIA 2021」は、ユネスコの世界遺産にも指定されるアランフェス王宮に隣接する広大な広場で開催。イベリア半島産の野菜やフルーツ、穀物とその加工品、ワイン、ビールなどの飲料にオリーブオイルやその他の植物オイルなどの生産者、販売業者、輸出・輸入業者などあらゆる関連分野の業種が集まり、商談やネットワーキング、カンファレンス、ワークショップなどが行われる。週末の10月1日から3日には一般の入場者に解放され、会場内の各企業スタンドで商品の直接販売も予定されており、盛大な農産物イベントとしても注目が集まっている。

第一回開催となる今回の見本市では、国際的な価値をより高める観点から、日西商業会議所も運営に名を連ね、日本酒など日本の農産品や農業関連開発事業を展示。現地メーカーとのコラボレーションの可能性など、両国間の活発な産業交流の実現に向けて準備が進んでいる。

同誌では、4月21日から23日まで有明の東京ビックサイトで開かれる「ワイン & グルメジャパン 2021」に参加するスペインワイナリー情報も掲載。また、日西商業会議所とポルトガル日本商業会議所が、両国の会員企業の活動の活発化をめざし締結した連携協定について発表している。

1954年創立の日西商業会議所は、スペインと日本市場の取引のためのコンサルタント、輸出入プロジェクトの協力、情報の発信、輸入業者・ジャーナリスト・旅行代理店の訪西の援助を通じて、両国間の経済交流を促進を目的とした民間組織。1985年からは、スペインの多岐にわたる分野のルポルタージュやインタビュー、企業情報などを紹介するスペイン情報季刊誌「スペイン広報」を発行。バックナンバーをオンラインで公開している。

【AGROIBERIA 公式ウェブサイト】

【最新号「スペイン広報 104号」】

最新の記事

シンジェンタアファーム:SP

クミアイ化学右カラムSP

原発処理水海洋放出

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

topへ戻る