Z-GIS左PC
第42回農協人文化賞
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA三井リース中央(1)SP

経口摂取したヒアルロン酸が皮膚で作用する仕組みを解明 キユーピー2021年6月11日

一覧へ

キユーピーは、経口摂取したヒアルロン酸が大腸の腸内細菌によって分解され、吸収されて皮膚で作用する一連の仕組みを解明。この研究成果について、6月14日、15日に開かれる国際ヒアルロン酸学会で発表する。

経口摂取されたヒアルロン酸が分解、吸収、肌で作用する仕組み経口摂取されたヒアルロン酸が分解、吸収、肌で作用する仕組み

ヒアルロン酸は、経口摂取で、皮膚水分の増加やしわが改善することが報告されているが、経口摂取後、どのように吸収され作用するのか、そのメカニズムはほとんど知られていなかった。

同社と神戸大学との共同研究により、「ヒト腸内細菌叢モデル(KUHIMM)」を用いて、ヒト腸内細菌によるヒアルロン酸の分解を調べたところ、経口摂取したヒアルロン酸は胃液や小腸の消化酵素では分解されず、大腸の腸内細菌によって分解されることが分かり、ヒアルロン酸を分解する腸内細菌を特定した。また、成分を同定、定量する機器LC-MS/MSで分析した結果、分解された低分子ヒアルロン酸が吸収されて皮膚に到達することが明らかになった。このほか、三次元皮膚モデルを用いた試験で、コラーゲン代謝(真皮におけるコラーゲン分解と合成)を活性化することも分かった。

同社は、30年以上にわたるヒアルロン酸の研究開発の実績を持ち、その販売量は国内第一位(2021年富士経済調べ)。BtoBを中心に、食品・医薬品・化粧品の原料として幅広く展開している。

最新の記事

ナガセサンバイオSP 2021

JA人事

DiSC:SP

農協時論

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA全農・部長インタビュー:2021年度事業計画

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る