Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
石原ヘッド:SP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

松本山雅FCと循環型社会・農業をテーマに学生向け勉強会開催2021年6月17日

一覧へ

(一社)コード・フォー・ジャパンは7月4日、学生向け開発コンテスト「Civictech Challenge Cup U-22」におけるJリーグクラブチーム松本山雅FCとのコラボ勉強会として、循環型社会や農業、地域コミュニティや地域ブランドづくりをテーマに「 “私”がつくる循環型スマートシティの未来 〜地域を耕すテクノロジーとは?〜」を開催。勉強会に参加する学生を募集している。

松本山雅FCと循環型社会・農業をテーマに学生向け勉強会開催

同勉強会は、「循環型社会」「農業」「地域コミュニティ」「地域ブランドづくり」などテーマに、ホームタウン活動やシャレン!の取り組みで周辺地域の農家とコミュニケーションをとりながら積極的に活動する松本山雅FCとのコラボイベント。同コンテストに参加する学生だけでなく、参加を検討している学生や循環型社会、農業、環境などに関心がある人の参加を募集している。

ゲストは、松本山雅 営業本部長の柄澤深氏、AGRIST代表取締役・こゆ地域づくり推進機構 代表理事の齋藤潤一氏と太田直樹氏(株式会社New Stories代表 / Code for Japan理事 / みんなのコード理事 / 元総務大臣補佐官)。

「Civictech Challenge Cup U-22」は、エントリーした学生がチームを組成し、自分たちの身近にある地域課題や解決したい社会課題を解決するアイディアを考え、実際にその解決に向けたサービスのプロトタイプを開発する実践的な開発コンテスト。優秀な成果を収めた学生の開発チームは、ファイナリストとして最終審査会でプレゼンテーションを行い、国内外の大手IT企業の会社名やサービス名を冠した賞や大賞が授与される。学生が開発実績を積むことで、単なる開発コンテストではなく、若年層の就職機会の減少という社会課題の解決をめざしている。

「シビックテック」「社会課題」が自分の暮らしや学びとつながるものであると学生に感じてもらうため、スポーツチームの社会連携活動とコラボレーションする。今年度は3つのクラブチームとのコラボレーションが決定している。

【 “私”がつくる循環型スマートシティの未来 〜地域を耕すテクノロジーとは?〜】

最新の記事

シンジェンタSP210720-

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る