生産緑地特集
左カラム:全中動静160_86
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドPS:大豆剤
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(PC)センター
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(SP)センター

「日本プラントべースビジネス振興協議会」設立 植物性料理研究家協会2021年6月18日

一覧へ

プラントベースの啓蒙活動を行う植物性料理研究家協会は6月14日、日本のプラントベースビジネスを推進する組織「日本プラントべースビジネス振興協議会」を設立した。

「日本プラントべースビジネス振興協議会」設立 植物性料理研究家協会ユネスコから無形文化遺産として承認された「和食」を代表とする日本の食は、「自然を尊ぶ」という独特の精神性や日本文化に根付いて生まれた。栄養バランスに優れた健康的な食事であり、正月などの行事や季節と密接に関わっており、海外からも注目されている。同協議会は、日本独自の食文化を継承しながら、プラントベースである日本食の魅力を世の中に広めるため、植物性料理研究家協会の下部組織として発足した。

プラントベースは、植物性由来(plant based)の食べものを中心とした食事法。カロリーが比較的低く、ビタミン・ミネラルやファイトケミカルなどの栄養素・機能性成分が豊富なため、健康の維持増進につながると言われている。動物性のものを避ける「ビーガン」や「ベジタリアン」と混同されるが、プラントベースは「植物性のものを積極的に楽しむこと」が主旨。野菜や穀物などの植物性料理を好みながら、それ以外も必要に応じて摂取するストレスフリーで健康的な食事を楽しめる自由なスタイルとして注目されている。

プラントベースに興味関心のある企業や団体、個人が垣根なく意見交流、情報交換できるネットワークを構築することで、「日本発のプラントベース」というビジネスチャンスが広がる機会を提供する。具体的な活動・機能としては勉強会や交流会、マーケティング支援、マッチング支援、製品認証などを行う。

最新の記事

シンジェンタライブラリー211112:SP

JA人事

ヤンマーSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る