生産緑地特集
左カラム:全中動静160_86
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドPS:大豆剤
バイエルクロップサイエンス:PC
ベリマークSC:FMC(SP)センター

仲卸会社が農家直売支援で「農家直売どっとこむ」開設 長野県・長野大同青果2021年6月22日

一覧へ

長野県で青果物の仲卸業を営む長野大同青果(株)(長野市)は、農産物流通プラットフォーム「農家直売どっとこむ」の運用を始めた。青果の仲卸業者による独自開設は珍しい。長年培ってきた青果物の「目利き」の力を生かして、Web上で消費者に安全な農産物を適正な価格で届け、生産者の手取り安定をめざす。

仲卸会社が農家直売支援で「農家直売どっとこむ」開設 長野県・長野大同青果

「農家直売どっとこむ」は、長野県内で農機の販売・修理やマーケティング、コンサルティングなどの事業を展開する唐沢農機(東御市)が運営していたが、今年の6月1日、長野大同青果に事業譲渡した。大同青果は、コロナ禍で外食需要が減るなど、青果物の価格が低迷しているなかで、消費者の安全・安心な青果物を求めるニーズに応え、生産者が生産を継続できる手段の一つとして事業を引き継いだ。

長野大同青果は、長野県を拠点に全国で青果物流通ネットワークを持ち、長野県産の野菜や果物を供給している。「消費者に対しては、40年以上にわたって培ってきたノウハウを生かし、スーパーマーケットだけでなく、長野県産の新鮮でおいしい青果物を適正な価格で紹介し、長野県の農業の発展をサポートしたい」(大同青果)と、期待を込める。

【農家直売どっとこむ】

最新の記事

シンジェンタライブラリー211112:SP

JA人事

DiSC:SP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る