Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

特定技能外国人の派遣・雇用 促進事業説明会を開催 GAP総合研究所2021年7月27日

一覧へ

GAP総合研究所は7月27日と8月3日、特定技能外国人の派遣・雇用に関するオンライン説明会を開催する。

技能実習生として3年間、日本の農業現場で研修した外国人は、在留資格「特定技能」で追加5年間、労働基準法が適用され、即戦力として日本で働くことができる。また、派遣として活用することが許可されているため、年間を通じて雇用する必要はなく、忙しい時期だけ依頼できる。

特定技能外国人の派遣・促進事業を行うGAP総合研究所は、日本唯一のGAPのシンクタンクとして、GAPや農業に関する情報提供する公益団体。特定のGAPに偏らず、実際にGAPを導入する事業者の希望に合わせ、広く対応。農業者やJA、都道府県からGAPに関する様々な相談を受けており、その他の関連業種についても、会員を中心に対応している。特定技能外国人の派遣・雇用のオンライン説明会は、7月27日は20時から、8月3日は19時から開催予定。

【参加申込フォーム】

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

ヤンマーSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る