Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:サンケイコテツベイト
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

「カスタム米」クラウドファンディングで先行販売開始 御稲プライマル2021年7月29日

一覧へ

117年続く米農家で生産から販売まで手がける御稲プライマル株式会社(福島県本宮市)は、米の特性を見極めて調合する「カスタム米」サービスを開発。7月22日からクラウドファンディングのMakuakeで「カスタム米」の先行販売を始めた。

「カスタム米」クラウドファンディングで先行販売開始 御稲プライマル

同社は、「お米を召し上がる方々へいつでも同じ味を届けたい」という思いから「ブレンド米調合支援システム)特許第6367137号)」を開発し、その時々の米をすべて数値で管理。消費者が米に求めるものを安定して届けられる「カスタム米」としてプロジェクトに挑戦する。

カスタム米は、ブレンド米調合支援システムによって、あらゆるお米をカスタマイズしてでき上がった商品。コーヒーのブレンドのように、好みの「甘み」「粘り」「香り」「弾力」に合わせて調合し、「さっぱりしたお米が好き」、「すべてのバランスが良いお米が好き」、「粘り弾力があるお米が好き」などを消費者の好みに合わせられる。

毎年まったく同じようにはつくれない米は、同じ品種でも土地や水など様々な条件によって性質が変わる。カスタム米では、農場の地域を細分化して品質管理することで、品種ではなく米質ごとに分類。特徴を詳しく把握するために、あらゆる測定分析を行っている。また、分析結果を基に、米の特徴を見極めて調合し、50種類以上の米を数百通り以上に調合できる。

お米の全てをデータで管理お米の全てをデータで管理

先行販売に先がけ、4月26日からInstagramで「カスタム米」のアンバサダー「カスタ米ズアンバサダー」を募集し、12人のアンバサダーに試供品を送った。6月23日に開かれた「第一期カスタ米ズアンバサダー」との座談会で実施したヒアリングの際に寄せられたアンバサダーの意見もクラウドファンディングのリターンに含まれている。リターンは、「カスタム米」3合×3種類セット、フルオーダー「カスタム米」5kg、カスタム米商品化など。プロジェクトの実施は8月25日まで。

【プロジェクト: 【特許取得】時代は「カスタム米」、自分好みのお米が見つかる!】

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

DiSC:SP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る