Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:サンケイコテツベイト
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

再エネ電力に切替提案 林業ベンチャーが「エネキコリ」商標登録 ソマウッド2021年8月4日

一覧へ

林業ベンチャーの株式会社ソマウッド(静岡市)は8月3日、森を守り育てる事業と再エネ切替事業を柱とする「エネキコリ」の商標登録を発表。企業の再生可能エネルギー切替支援とカーボンニュートラルな社会の構築をめざす。

自家消費型太陽光発電(PPA)自家消費型太陽光発電(PPA)

太陽光発電システムの施工販売や、再エネ電力小売取次事業を手がける同社は、「森を育てることは100年先への投資。自然エネルギーへのシフトは未来のこどもたちへのプレゼント」を理念に、今ある自然環境を次世代に引き継ぐことを目的に「エネキコリ」を立ち上げた。森を守り育てる事業とカーボンニュートラル達成をめざす再エネ切替事業の2本柱である「キコリ×再エネ」でイノベーションを起こす。

再エネ切替は、自社建屋の屋根の上などで太陽光発電を行い、売電せずにその電力を自家消費する"自家消費型太陽光発電"と、企業が事業運営する際に必要な電力を再生可能エネルギー由来電力に仕入れを切り替えることの2つがある。「エネキコリ」のサービスでは、SDGsやRE100を将来的にめざす企業に最適な「再エネ切替」プランを提案。設備投資をせずに太陽光発電を導入する「PPA」方式などコスト削減を伴う電力切替が可能となる。

森をつくるキコリとして林業に取り組むソマウッドの久米歩社長森をつくるキコリとして林業に取り組むソマウッドの久米歩社長

【エネキコリ】

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

DiSC:SP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る