人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCベリマークSC:(SP)ヘッダー
日本曹達 231012 PC
JA全中中央SP

サプライチェーン全体で品質向上へ「カビ菌」抑制で実証実験 ブルーミー2021年10月5日

一覧へ

花のサブスクリプションサービス「ブルーミー(bloomee)」は、日本最大の花市場を運営する大田花きと、生産者、研究機関などと連携し、花のサプライチェーン全体での品質向上を目的とした共同研究を開始した。

サプライチェーン全体で品質向上へ「カビ菌」抑制で実証実験 ブルーミー花にやさしい、クリーンでサスティナブルな流通へ

同取り組みでは、花が市場や小売を通して生産者から一般消費者に届くまで、サプライチェーンの各工程で様々な実験を行い、よりサスティナブルでクリーンな流通環境へアップデートすることをめざす。その一環として、低濃度の塩素系ガスによる「カビ菌」抑制の先行実証実験を行った。

日本の花き業界は花の品質向上を目的に、世界中の実験や研究を背景に温度・湿度、水質など多岐にわたる衛生環境を、緻密に管理してきたが、長年リスクを排除できずにいるもののひとつが、目に見えない形で空気中に存在する「カビ菌」。生産者・市場・小売など各流通過程から綺麗な状態で出荷されても、輸送中に「カビ菌」の影響を受けた花は、廃棄につながることもある

今回の研究機関とブルーミーで行った先行実証実験では、「空気中の衛生環境」にフォーカスし、デリケートな花を扱うために、花の品質にとってより良い環境づくりをめざした。「カビ菌」の除去実験を行った結果、低濃度の塩素系ガスによって、空気中のカビ菌数が大幅に減少し、当該出荷拠点での花への品質ダメージを低減させることができた。

重要な記事

240401・シンジェンタ粒粒マイスター:右上長方形SP

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る