JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッド:輸出米マッチングフェア2021SP
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(PC)センター
JA全中中央SP

イオン宮崎店でピーマン自動収穫ロボット「L」の展示・実演 アグリスト2021年10月20日

一覧へ

イオン九州とアグリストは、持続可能な農業を実現するための取り組みの一環で、イオン宮崎店(宮崎県宮崎市)でアグリストが開発したピーマン自動収穫ロボット「L」の展示・実演を11月から12月の期間で実施する。

ピーマン自動収穫ロボット「L」ピーマン自動収穫ロボット「L」

両社は、農業の人手不足をテクノロジーで解決することに共感し、今回の企画を実現。宮崎の主要産業である農業を営む農家に対し、イオン九州は宮崎県産の野菜の販売を促進し、アグリストはその野菜を生産する農家が農業を続けられるよう、ピーマン自動収穫ロボット「L」を提供することで持続可能なまちづくりをめざしている。その取り組みの一環として、イオン宮崎店では、アグリストが農業の人手不足を解決するために開発したピーマン自動収穫ロボット「L」についての映像とポスターを展示。2022年6月30日までの展示を予定している。

ロボット実機の展示・実演は、11月13日(午前9時~午後6時)、11月14日(午前9時~午後5時)、12月4日(午前9時~午後6時)、12月5日(午前9時~午後5時)の日程で実施。

最新の記事

シンジェンタライブラリー211112:SP

JA人事

DiSC:SP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る