おきなわ50年バナーPC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCトップSP:育苗箱混合剤
FMCセンターPC:ベネビア®OD
FMCセンターSP:ベネビア®OD

山形県酒田市のさつまいも生産を応援 電力プラン「さつまいもでんき」提供開始 ENS2022年2月9日

一覧へ

電力・ガスのOEM販売プラットフォームを展開するイーネットワークシステムズ(ENS)と山形県さつまいも生産者協会は2月5日、電気料金の収益の一部がさつまいも生産の活性化を目指す取り組みに還元される電気料金プラン「さつまいもでんき」の提供を開始した。

山形県酒田市のさつまいも生産を応援 電力プラン「さつまいもでんき」提供開始 ENS

「さつまいもでんき」は、利用者が支払った収益の一部を、流通施設の整備や生産者の支援など、さつまいも生産を支えるための活動原資として地域に還元される。酒田市の住民だけでなく全国を対象としており、「故郷のさつまいも生産を応援したい」という人なら加入できる。利用者にとっては、電力プランを切り替えるだけで地域に貢献でき、お得に電気を使える。

さつまいもは、海外への輸出増や国内でのさつまいもスイーツブームなどを受け需要が年々増えているが、酒田市のさつまいもは、専用の貯蔵施設が地域内にないため、流通時期が限られる。また、生産者の高齢化などにより、直近30年で生産量が1/3以下に減少。こうした状況を改善するため、2人の若手さつまいも農家が山形県さつまいも生産者協会を設立した。「さつまいもの産地であることがこどもたちの地元愛を育み、地域の未来へつながっていく」ことを目指して活動している。

イーネットワークシステムズは、同協会の活動に共感し、自社のプラットフォームを活用した電力プラン「さつまいもでんき」を提供。エネルギーの供給を通じて、酒田市のさつまいも生産の活性化や若年層の地域定着などの課題を解決し、「魅力的な地域づくり」の一助になることを目指している。

酒田市のさつまいも畑酒田市のさつまいも畑

【「さつまいもでんき」公式ウェブサイト】

最新の記事

ナガセサンバイオSP 2022

みどり戦略

住友化学住友化学右正方形2SP

注目のテーマ

注目のテーマ

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る