秋特集:国生国産PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
石原バイオヘッドSP:ネマトリンエース
JA全中中央①PC
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(SP)センター

中国・湛江の新たな統合生産拠点に新工場開所 BASF2022年10月3日

一覧へ

ドイツのBASF本社は9月6日、中国の広東省湛江市のフェアブント(統合生産拠点)における、最初の工場を竣工。新工場では、中国の顧客向けに年間6万トンのエンジニアリングプラスチック コンパウンドを生産する。

中国・湛江に開所した新工場中国・湛江に開所した新工場

新工場は、中国の顧客向けに年間6万トンのエンジニアリングプラスチックコンパウンドを追加供給し、2023年にはBASFのアジア太平洋地域におけるエンジニアリングプラスチックの総生産能力は42万トンとなる予定。BASFは 自動車やエレクトロニクス業界を中心とした顧客の需要増に対応する。

この工場には、100%再生可能なエネルギーの電力が供給される予定。BASFは、2025年までに湛江フェアブント全体の電力を100%再生可能エネルギーで賄うことを目指している。

BASFは2020年、湛江のフェアブント予定地で最初の工場の建設を開始。2022年7月には中国市場における顧客の成長をサポートするため、スチームクラッカーと下流製品向け工場を含む湛江フェアブントの中心部の主要建設 フェーズへの最終投資を決め、2025年後半の稼働を目標としている。多様化のためのさらなる下流製品向け工場を含む拡大フェーズは、2028年までに稼働する予定。

BASF湛江フェアブントは、2030年までに最大100億ユーロを投じ、BASFの単独責任の下で運営され、同社にとって過去最大の投資となる。2023年には、熱可塑性ポリウレタン(TPU)の生産工場の稼働を予定している。

最新の記事

シンジェンタポータルフェーズ:右上長方形SP

みどり戦略

住友化学住友化学右正方形2SP

注目のテーマ

注目のテーマ

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る