秋特集:国生国産PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッダー:FMC221007SP
JA全中中央①PC
FMCプレバソンSP

愛媛県今治市で"人と猪が共生するためのフィールドワーク"開催 DMMアグリ2022年10月3日

一覧へ

DMMアグリと今治.夢スポーツ(愛媛県今治市)は10月29日、猪対策のフィールドワークを共同で実施。今治.夢スポーツが推進する里山スタジアムプロジェクトの一環として行われ、主に今治市の地域住民を対象に10月20日まで参加者を募集している。

愛媛県今治市で

愛媛県今治市にある里山スタジアムでは、スタンド裏の土手の畑で野菜などを作る計画を進めている一方で、同市内ではほぼ全域に猪が生息し、農業被害をもたらしている。

かつて、猪は山に住み、人間は里に住み、山と里の間に存在する里山が緩衝地帯として機能していた。また里山では、火入れや樹木の伐採、農耕など、自然に対して人が働きかけ、適切に管理することで安定した生態系が維持されてきたが、特に中山間地域における人口減少・高齢化に伴って緩衝地帯としての里山が衰退。山と里が隣り合わせになったことや気候変動もあり、動物が山から里に下りてくるようになった。

今治.夢スポーツは今後、里山スタジアム周辺で活動を行っていくにあたり、猪との活動エリアの住み分けを行うため、猪の活動状況の把握や、電気柵、忌避剤等を用いて侵入を防止。その取り組み過程を、里山スタジアムプロジェクトに関心を持つ地域住民と分かち合うため、人と猪が共生するためのフィールドワークを開催する。フィールドワークでは、猪の活動状況把握のための調査の中で見えてくる動物の活動の痕跡などを現場で見学する。

◎フィールドワーク開催概要

日時:10月29日14:00~17:00
場所:ありがとうサービス.夢スタジアムメディアルーム、里山スタジアム周辺

<内容>
第1部:メディアルームでのオリエンテーション(約1時間)
・目的、調査内容の説明
・侵入防止資材をさわってみる
・フィールド散策に当たっての諸注意
第2部:里山スタジアム周辺の山を散策(1〜2時間)
・対策活動を行っているフィールドを散策
・実際の罠の設置状況を見学

定員:20人

<要件>
・小学生以上の健康な方
※小学生は保護者の同伴が必要。
締切:10月20日17:00

【申込フォーム】

最新の記事

シンジェンタポータルフェーズ:右上長方形SP

みどり戦略

住友化学住友化学右正方形2SP

注目のテーマ

注目のテーマ

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る