秋特集:国生国産PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCヘッドSP:エクシレルりんご
FMCプレバソンPC
FMCプレバソンSP

日本酒の新容器を開発 新提供方法の検証を実施 Agnavi2022年11月28日

一覧へ

日本酒「ICHI-GO-CAN」を企画・販売するAgnaviは、トヨタ自動車が培ったモノづくり技術のサポートを受け、全国の酒蔵とのネットワークや容器への日本酒充填ノウハウを生かした日本酒の新規容器の開発・販売に関する実証を実施。消費量が落ち込む日本酒業界における新規ニーズ獲得をめざす。

Agnaviは、一合180mlの缶入り日本酒「ICHI-GO-CAN」を企画・販売し、国内50蔵以上の銘柄を取り扱っている。日本酒は現在瓶容器が主流だが、「缶」を使うことで少量、エコ、持ち運び便利を実現し、日本酒を手に取る気軽さを提供している。

同社はこのほど、ビジネスアクセラレーターかながわ(BAK)の支援プログラムの一環で、トヨタ自動車の技術サポートを得て、全国の酒蔵とのネットワークや容器への日本酒充填ノウハウと、トヨタ自動車が有する自動車で培ったモノづくり技術を連携。一般的な容器の瓶・缶・紙パックとは異なる、日本酒にマッチした新たな容器を開発・販売・実証する。新容器をきっかけに、日本酒を手に取るきっかけを創出し、新たな日本酒のスタンダードをめざす。

最新の記事

ヤンマーSP

みどり戦略

DiSC:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

住友化学右正方形SP:2023

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る