人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッダー:FMC221007SP
FMCセンターPC:ベネビア®OD
FMCセンターSP:ベネビア®OD

プラ使用削減 リサイクル原料の折りたたみコンテナ導入 コープデリ2023年11月20日

一覧へ

コープデリ生活協同組合連合会は、プラスチック使用量削減のため、コープデリ宅配で使用する折りたたみコンテナのリサイクル原料の活用に新たに取り組む。また、店舗向けに出荷している一部の鶏卵パックを11月から順次薄肉化し、プラスチック使用量を削減する。

リサイクル原料の使用率57%の折りたたみコンテナ「16Bタイプ(約14L)」、 リサイクル原料の使用率41%の折りたたみコンテナ「32Bタイプ(約30L)」リサイクル原料の使用率57%の折りたたみコンテナ「16Bタイプ(約14L)」、
リサイクル原料の使用率41%の折りたたみコンテナ「32Bタイプ(約30L)」

コープデリ宅配では、リサイクル原料を使用した折りたたみコンテナ(常温用配達器材)の使用を11月20日から始め、2023年度末(2024年3月)までに2万個導入する。コンテナのリサイクル原料の使用率は57~41%で、汚れや破損の大きいコンテナも再生原料として使用。これにより、2023年度中に約11トンのプラスチック使用量を削減し、約12トンのCO2削減を図る。2024年度以降も、リサイクル原料を使用した折りたたみコンテナを順次導入する。

コープデリ宅配では週に1回の定期的な配達となるため、物流資材を廃棄せず、回収・洗浄して繰り返し使用。この折りたたみコンテナに再生原料を使用することで、さらなる資源の有効活用を目指す。

また、店舗で販売している「CO・OP産直のはぐくむたまご」(赤玉・白玉)10個と、「CO・OP産直稲穂のみのりたまご」10個(一部のパック工場のみ)のパックの凹凸部分やシール面両側を短くするなど形状を見直し、シート厚を0.01ミリ薄くすることで、年間で約378キロのプラスチックを削減。11月から順次、新しいパックに切り替えている。

コープデリグループはSDGsの達成に向けた5つの重点課題を掲げ、「未来へつなごう」をスローガンに、グループ全体で課題達成に向けた取り組みを推進。重点課題のうち「持続可能な生産と消費」では、事業における容器包装と資材の使用量を削減目標として、プラスチックの使用量を2030年までに2018年度比25%削減することを掲げている。

重要な記事

240401・シンジェンタ粒粒マイスター:右上長方形SP

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る