人事2024 左バナー 
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
240401・ニッソーグリーン マスタピース水和剤SP
JA全中中央①PC
日本曹達 231012 SP

納品リードタイム延長と発注量平準化で実証実験 シノプスと実施 コープさっぽろ2024年1月15日

一覧へ

生活協同組合コープさっぽろと関連会社の北海道ロジサービス(HLS)は、需要予測型自動発注サービス「sinops-CLOUD」を活用した販促商品等のリードタイムの延長や発注業務DXの実証実験を実施している。2023年10月に始まったこの実証実験は、経済産業省が有限責任監査法人トーマツに委託している事業「令和5年度流通・物流の効率化・付加価値創出に係る基盤構築事業(販促商品等のリードタイムの延長、物流レジリエンスの向上に向けた小売業の在庫管理・発注業務のDX)」において、トーマツから再委託された株式会社シノプス(大阪市)と連携して行われる。

納品リードタイム延長と発注量平準化で実証実験 シノプスと実施 コープさっぽろ

人口減少に伴う労働力不足や、トラックドライバーの時間外労働が960時間に規制されるなど物流業界「2024年問題」の課題に対し、加工食品・日用雑貨などのサプライチェーンを最適化するには、小売業の在庫管理と発注業務を改善する必要がある。特に、需要予測技術の活用が重要で、通常の商品については需要予測ツールが広く利用されるが、新商品や販促商品においては販売予測がむずかしく、過剰在庫や不足分の追加発注などの問題を引き起こしている。

コープさっぽろの店舗およびHLSが運営する物流センターにおける実証実験では、新商品と販促商品の小売りから仕入先への発注確定日を前倒しする、納品リードタイム(納品LT)を長期化し、従来3~7日程度だった納品LTを2週間程度まで長期化。小売店舗では、納品LTを延長した場合、欠品や過剰在庫の発生が懸念事項となるが、同実証実験ではsinops-CLOUDによる需要予測データを活用し、欠品・過剰在庫の発生を極小化しながら、納品LTを延長する実証実験を行う。

納品LTを長期化することで、卸売業の特売期間中の追加発注の対応に向けた在庫調整業務の負荷軽減、物流センターの過剰在庫や欠品の防止、物流の効率化が期待できる。また、曜日ごとにバラつきがある発注量を平準化することでトラック配車の効率化に関する実証実験も実施予定。

同実験を通してコープさっぽろは発注の効率化を、HLSは入出荷の効率化やトラック配車の効率化を目指す。実証実験の途中成果は2月20日、経済産業省が開催予定の第2回北海道地域フィジカルインターネット懇談会の機会に発表される。

重要な記事

ヤンマーSP

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る