人事2024 左バナー 
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCベリマークSC:(SP)センター
日本曹達 231012 PC
FMCプレバソンSP

一次産業・食領域スタートアップを支援 スマート農業共同体と連携協定締結 STARTUP HOKKAIDO2024年1月30日

一覧へ

STARTUP HOKKAIDO実行委員会(北海道札幌市)は1月29日、スマート農業共同体(SAc)(北海道札幌市)と、一次産業・食領域のスタートアップエコシステムを形成することを目的とした連携協定を締結したことを発表した。

STARTUP HOKKAIDOは、北海道からグローバルを目指すスタートアップを生み育てるエコシステムの構築を目指し、2023年9月に発足したオール北海道体制の推進組織。北海道の地の利や産業の強みを活かしたスタートアップの創出、集積に注力し、「一次産業・食」、「宇宙」、「環境・エネルギー」の3つを重点領域として、多角的な支援メニューの提供を計画している。

一方、SAcはスマート農業をキーワードに、一次産業・食領域での先進的発想や技術、志を持った事業体・生産者のネットワークを構築し、農業のICT化・6次化の加速を支援する団体。2018年の設立され、農業の未来を創るメンバーと生産者、消費者が真剣に議論する「場」を構築し、スマート農業技術の現場への実装を目指し活動している。

両者はこのほど、北海道を起点とした一次産業・食領域でのイノベーション創出、課題の解決を目指すビジョンが一致したことから、互いの強みを掛け合わせた支援メニュー、プログラムの立案等を今後さらに推進するため連携協定を締結する。

具体的な取り組みとして、実証実験の展開や販路の獲得など、北海道での創業や事業成長を目指す国内外の一次産業・食領域スタートアップとSAcが保有する約1500人の農家、農業機械メーカーなど会員をつなぐサポートを提供。また、同領域での事業成長を目指すスタートアップを対象とした協働のアクセラレータープログラムの実施を予定している。

<連携協定の内容>
・北海道におけるスタートアップ拠点形成に向けた取り組み
・一次産業・食に関わるスタートアップの創出・集積促進に向けた取り組み
・一次産業・食に関するスタートアップの成長支援に関する取り組み

重要な記事

240401・シンジェンタ粒粒マイスター:右上長方形SP

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る