秋特集:国生国産PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:デラン
JA全中中央①PC
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(SP)センター

GM食品の現状知らない消費者は9割 バイテク情報普及会調査2013年3月7日

一覧へ

 バイテク情報普及会は消費者に実施した「遺伝子組換え(GM)食品に対する意識調査」の結果を3月6日公表した。

 この調査は、世界的な食料不足が予測されるなか、今後GM作物やGM食品が担う役割はますます重要であるとして、GM食品に対する消費者の漠然とした不安感と低いとされる受容意識の原因、さらには、それらを向上させるための有効な情報を探ることを目的に男女1000人(うち20?40代の子どもを持つ女性500人)を対象に実施した。
 GM食品の認知について約9割が「聞いたことがある」としたが、「内容まで知っている」人は約4割だった。
 「GM食品」を購入し、食べたことがあるかを聞いたところ、「確かに購入したり食べたことがある」と答えた人は11.2%にとどまった。一方、「たぶんあると思う」43.7%、「たぶんないと思う」27.3%、「わからない」10.4%で、GM食品について「確信」のない回答が約8割にのぼった。

◆安心感、購入意識に変化

 この調査では、2段階の事前調査でGM食品に対する受容意識を向上させる効果があった4つの「GM食品に係るキー・メッセージ」(別掲)が与える影響を調べた。
 キー・メッセージの効果はGM食品の購入に対する意識の変化に表れた。
 メッセージ提示前は「買ってもよい」が35.6%だったのに対し、メッセージ提示後は59%に上昇、とくに子どものいる女性のメッセージ提示前と提示後の受容意識の増加は全体より6.8%高くなった。
 また、「買いたくない」「わからない」というマイナス意識もメッセージ提示後は減少した。
 メッセージにある事実については9割が具体的に知らなかったとしており、メッセージによって意識が変化した理由として多くの回答者が▽安全審査に様々な専門家が関与していること、▽国の厳しい審査で安全性が確保されていること、▽過去に健康への影響の報告は一件もないこと、などを挙げた。
 そのほか、▽日本の食生活を支えていること、▽日本がGM作物の輸入大国であること、への驚きも多かった。
 また、約95%がキーメッセージの内容を消費者に伝えるべきとしており、その情報源としてはマスメディアへの期待がもっとも大きくなっている。
 バイテク情報普及会はこの調査から、「GM食品の具体的な情報や実態が消費者に届いていないことが漠然とした不安やネガティブな意識を生み出す原因であることが浮き彫りになった」として、「事実を適確に伝えGM食品を安心して消費できる環境づくりが現在の日本には極めて大切だ」としている。

【GM食品に係るキー・メッセージ】
遺伝子組み換え作物は、遺伝子組み換え技術を用いて品種改良された作物です。
遺伝子組み換え作物は、食物アレルギー、微生物学、植物学、農学など、各分野の専門家が参画する、国際基準に基づく国の審査によって、安全性が確保されています。製品化されてから17年がたちますが、健康への影響は報告されていません。
日本は、おコメの国内消費量の倍もの量の遺伝子組み換え作物(大豆、トウモロコシなど)を輸入している、遺伝子組み換え作物の輸入大国です。
遺伝子組み換え作物は、食用油、コーンスターチ・甘味料などの原料や、家畜のエサとなります。そして私たちが店頭で目にするドレッシングや即席めんなど油を使用した加工食品や飲料、食肉・卵・乳製品など、多くの食品にいかされ、日本の食生活を支えています。


(関連記事)
GM作物の作付面積1億7000万haに 96年から100倍に増加  ISAAA(国際アグリバイオ事業団) (2013.03.04)

【シリーズ】 安全な食とは 第8回 遺伝子組換え鮭がやってくる (2013.03.01)

危機が迫るメキシコの農村 『壊国の契約 NAFTA下メキシコの苦悩と抵抗』の訳者、里見実氏に聞く (2012.09.20)

最新の記事

シンジェンタポータルフェーズ:右上長方形SP

みどり戦略

住友化学住友化学右正方形2SP

注目のテーマ

注目のテーマ

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る