左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

新たなビジネスに向けて 新食材・技術を紹介2013年10月23日

一覧へ

 農研機構、森林総合研究所、国際農林水産業研究センターの3研究機関は11月27日、東京・台場のホテル日航東京で「食のブランド・ニッポン 2013」を開催。機能性農作物、輸出向け食材、新たな生産技術など、最新の研究成果の数々を紹介する。

 15時からは、農業ジャーナリストの青山浩子氏が「農業が成長産業になるためには」をテーマに基調講演する。セミナーでは、飼料用稲で肥育した和牛「たちすずか給与牛肉」、アンチエイジング効果が期待される乳酸菌H61株、7粒で1日分のビタミンCが摂れる「おいCベリー」、青色LED照明を使った新たなキノコ栽培技術、などを新たなビジネスにつながると期待される食材・技術を紹介する。
 17時30分からの交流会では、新たに開発された食材を使った創作料理の試食やポスター展示などを行う。
 参加対象者は小売業者、食品関連業者、料理関係者など。参加費2000円で、先着150人。申し込みは農研機構ホームページで。

最新の記事

ナガセサンバイオSP

注目のテーマ

注目のテーマ

DiSC:SP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
topへ戻る