左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

米をゲル状の新食材に 農研機構が開発2013年10月24日

一覧へ

 農研機構は10月22日、米を原料にしたゲル状の新たな食品素材を開発したと発表した。

やわらかいゼリー状から、弾力のあるゴム状のものまで自由に調整ができる

 同機構は、食料自給率の向上をめざし、米の利用拡大の研究をすすめている。
 今回発表した技術は、これの成果のひとつ。高アミロース米を粒のまま水を加えて炊飯、糊化させ、温度制御と高速撹拌などの操作で、ゲル状の新たな食品素材を製造することに成功した。
 米の利用拡大や新用途開発としては、米粉の普及がすすめられているが、この技術は米粉とは異なる新たな可能性を示すものだ。
 製粉せず、粒から直接素材をつくることができるので、最終的な加工食品になるまでの作業を簡略化できる。また、やわらかいゼリー状から、弾力のあるゴム状のものまで自由に調整ができる(上写真参照)ので、パン、麺、菓子などさまざまな食品に加工することができる。
 さらに、卵や油脂などの代替品として使うこともでき、例えば、小麦や卵を一切使わず、米だけでシュークリームをつくることも可能だ(下写真参照)。
 この技術は、一定量をまとめて一度に生産すれば中小事業者でもつくることができるため、機構では「地域の米を使った6次産業化にも貢献できる新技術」だと期待している。
 今後は、民間企業とも連携して、大量生産や商品開発などの研究をすすめる予定だ。

小麦や卵を一切使わず、米だけでシュークリームをつくることも可能

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

注目のテーマ

注目のテーマ

DiSC:SP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
topへ戻る