Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
BASFヘッドSP:ナリアWDG
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

チェルノブイリ原発事故から30年 農業復興のためのワークショップ開く 農研機構・FAO/IAEA2016年10月24日

一覧へ

 農研機構はオーストリア・ウィーンのIAEA本部で、10月17日と18日、FAO/IAEAと「農業現場における放射性物質汚染からの復興に関する技術ワークショップ」を開催。業務協定を結んだ。

 今年がチェルノブイリ原発事故から30年、そして福島第一原発事故から5年という節目であることをきっかけに開催にいたった。
 ワークショップには農研機構とFAO/IAEA関係者のほか、放射能に関する専門家が集い、両事故の放射性物質からの復興についてプレゼンテーションと討議を行った。
 プレゼンテーションで、農研機構開発の「表土削り機」を使った除染技術に質問が多く寄せられたほか、粘土鉱物の種類とセシウム吸収性の関係について関心があった。
 討議では、専門家による除染技術についての提言があり、開発した技術や得られた知識は世界共通の財産であるとの共通の認識を持った。さらに今後も放射性物質のモニタリングの継続と専門家のネットワークを使った技術開発を行う事で意見の一致を得た。
 農研機構は今回のワークショップの内容を、将来の世代に継承すべき重要かつ貴重なものと位置づけ、FAO/IAEAとの業務協定を活かし、福島の農業復興のための研究により一層推進していくとしている。農研機構・FAO/IAEA

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る