想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:デラン
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

農作物の語彙体系を構築「農作物名称リサーチ」2019年4月22日

一覧へ

 農研機構と国立情報学研究所が参加するコンソーシアム内の研究チームは、農作物が名前を変えても追跡できる農作物語彙体系「農作物名称リサーチ」を構築。生産から消費に至るデータを横断して連携することをめざす。

 ビールのおつまみの定番"枝豆"は、植物なら「ダイズ」、作物では「エダマメ」、そして商品になると「枝付きエダマメ」といった具合でフードチェーンの段階によって、データ名が違う。また、データを管理する組織によってもデータ名が異なり、国際流通になると、農作物データが日本語以外の言語で管理されるなど、農作物の履歴をデータ名でたどるのは容易ではない。
 これまでも、農作物名を整理した冊子は発行されていたが、複数のコンピュータから利用することは考慮されていなかった。「農作物名称リサーチ」は、2種類の農薬基準データに含まれる1249の農作物を、作物名、別名、英名、学名等で表しており、コンピュータから扱えるようになった。
 農研機構は、食用農作物の農薬基準情報、外国語表記、遺伝情報の収集支援や、政府が優先的に使用すべきとした標準農作物名の普及に貢献するとしている。

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る