Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

スマート農業関連市場2030年に1074億円に18年比53.9%増 富士経済が予測2019年7月24日

一覧へ

 総合マーケティングビジネスの富士経済は、農業のスマート化につながるモニタリング、センシング、ロボット、AI、IoTなど先進技術を用いた生産施設・プラントや装置、システム、サービスの関連市場を調査した。

スマート農業、水産業、畜産業関連の国内市場伸びるドローンなど農業関連市場

 

 調査は1月~3月にかけて、農業や水産業、畜産業のスマート化につながる施設・プラント、機器・デバイス、サービスを対象に行った。
 スマート農業関連市場全体の2030年予測は、1074億円で2018年比53.9%増。完全人工光型植物工場や植物育成用光源、栽培環境モニタリングシステム、農業用ロボットやドローンなどが、好調に伸びている。
 中でも注目の農業用ドローン市場の2030年予測は65億円で2018年比の5.4倍。規制緩和や安全面などでの課題解消により普及が進み今後、市場の拡大が期待される。
 また、農薬・肥料散布代行サービスなど、農業用ドローン活用サービス市場は、2030年予測が、50億円と2018年比の25倍。現在、ドローンによる農薬・肥料散布に興味を持つ生産者は、自らオペレーター講習を受けて認定を取得し実施するケースが多いが、今後ドローンによる農薬・肥料散布の有用性への評価が高まれば、ドローンを所有するのではなく低コストでオペレーションの負担を軽減しながら、農業用ドローンを活用できる農薬・肥料散布代行サービスの利用も増加するとみられる。
 また今後、ドローン本体の高機能化や搭載するカメラの高機能化、環境モニタリングシステムなど周辺システムとの連携やAI活用などによる分析技術の高度化が進むことで、ドローンによるほ場の空撮画像をもとにしたほ場管理サービスや生育診断サービス、農薬散布を組み合わせたピンポイントの病害防除サービスなどが伸び、さらなる市場の拡大が予想される。

 

◆家畜モニタリング市場は3.5倍に
 家畜の発情検知、分娩監視、健康状態・疫病監視をサポートするシステムとして普及が進む家畜モニタリングシステム市場は、2030年予測が56億円と2018年比の3.5倍。特に、中・大規模畜産農家や酪農家は、飼養頭数が多いため管理や作業負担の軽減ニーズが高く、投資力もあることから、システムの導入が進んでいる。
 一方、小規模酪農家・畜産農家も飼養牛の高齢化が進み、事故の際の農場経営へのダメージも大きいことから管理や作業負担の軽減ニーズは高まっている。比較的安価なシステムも登場しているため徐々に導入例が増えており、今後は、価格の低下や、計測したバイタルデータの分析精度の向上などにより、さらに普及が進むとみられる。

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る