栽培技術 ニュース詳細

2020.01.09 
労働生産性向上をテーマに次世代施設園芸シンポ 農研機構一覧へ

 農研機構は「大規模施設園芸拠点にみる労働生産性の向上─1トンのトマト(パプリカ、キュウリ)のために働く時間は─」をテーマに、「次世代施設園芸シンポジウム2020」を3月17日に開催する。

次世代施設園芸シンポジウム2020のチラシ次世代施設園芸シンポジウム2020のチラシ

 このシンポジウムでは、農林水産省が委託元の経営強化プロジェクト「大規模施設園芸」で得られた、生育・収量予測に基づく作物の適正管理と労働者の作業管理システムによって、収量の増加と労働生産性を向上させた取り組みの紹介などが行われる。
 概要は次のとおり。

▽日時 3月17日(火)10時〜17時

▽場所 タワーホール船堀 大ホール(東京都江戸川区船堀4−1−1)

▽主催 農研機構野菜花き研究部門
    経営体強化プロジェクト「大規模施設園芸」コンソーシアム
    (一社)日本施設園芸協会

▽参加費 無料

▽定員 753名(先着順)

▽申し込み方法 3月3日までに所属、役職名、氏名、連絡先を記入したメールで申し込む。
【メールアドレスjisedai_sympo@ml.affrc.go.jp

▽主な講演内容など
○成果ダイジェスト、1トンあたり作業時間の変化
 東出忠桐(農研機構)
○生産管理システムと大分県拠点における展開 大山克己(大阪府立大学)
○省力的作業記録型の作業管理システム、宮崎県拠点の取り組みと宮崎型ICMの提案 太田智彦(農研機構)
○GAPの取り組みと効果 阪下利久(オイシックス・ラ・大地)
○大規模拠点の組織づくりと人材育成 田口光弘(農研機構)
○埼玉県拠点における収量増と作業改善の取り組み 大塚和美(イオンアグリ創造)
○富山県拠点における補光等による高糖度トマトの収量増加 山藤正智(富山環境整備)
○労働生産性向上に対する生育収量予測 安東赫(農研機構)
○エネルギー事情と化石エネルギーの削減 林真紀夫(元東海大学)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ