栽培技術 ニュース詳細

2020.02.13 
「植物工場における育種の可能性と方向性」で勉強会 NPO植物工場研究会一覧へ

 NPO植物工場研究会は3月6日、「植物工場における育種の可能性と方向性」をテーマに第136特別勉強会を千葉大学環境健康フィールド科学センターで開催。参加者を募集している。

※2/25 新型コロナウィルスまん延防止のため、延期となりました※


 人工光を含む最新の環境制御技術などを活かした植物工場における選抜・世代促進などを背景とした高速育種、葉菜類・果菜類の専用品種の必要性と方向性、ゲノム編集育種など、今後の育種の可能性と方向性を考える。

<概要>
▽日時:3月6日 13時30分~17時
▽場所:千葉大学環境健康フィールド科学センター 植物工場研修棟 A棟1F 研修室
▽テーマ:植物工場における育種の可能性と方向性

内容:
◎「日本のバイオ戦略と農林水産研究イノベーション戦略」 中野明正(農林水産省農林水産技術会議事務局)
◎「ゲノム編集技術による品種改良―可能性と利用のルール」笠井美恵子(千葉大学環境健康フィールド科学センター)
◎「人工光型植物工場を活用した育種の課題と可能性」丸尾達(千葉大学大学院園芸学研究科)

▽参加費:NPO会員/2750円、一般/5500円(いずれも資料代含む)
▽申し込み:植物工場研究会ホームページの申込専用フォームから申し込む。

【第136回特別勉強会 植物工場における育種の可能性と方向性 勉強会のご案内】

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ