想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:デラン
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

鮮やかな黄色いカーネーションに期待 東京農工大と農研機構 2020年9月16日

一覧へ

農研機構は9月16日、鮮やかな黄色の色素であるカロテノイドをカーネーションの花が作ることを発見したと発表した。バラや菊のような鮮やかな黄色品種がなかったが、基になる色素の存在が分かったことで、従来なかった色合いの品種開発に期待が持てるようになった。

カロテノイドによる黄色品種「クラブ」カロテノイドによる黄色品種「クラブ」

カーネーションは切り花の生産量がバラや菊と並んで多く、「世界三大花き」に数えられている。

日本でも3番目に出荷本数が多いが、カーネーションを含むナデシコ科の仲間は花が鮮やかな黄色にならないというのが植物分類学の常識だった。必要な色素であるカロテノイドが存在しないと考えられていたためだ。

淡い黄色のカーネーション品種もあるが、その色素は違う化合物によるもので、バラや菊のような鮮やかな黄色の色素とは違うことが分かっていたため、カーネーションのバラエティーを広げる意味でもカロテノイドが花で合成されることが期待されていた。

農林水産省が委託したプロジェクト研究「国産花きの国際競争力強化のための技術開発」(実需ニーズの高い新系統及び低コスト栽培技術の開発)において行われたのが今回の研究で、その結果が16日に正式に公表されたもの。

それによると、カーネーションの花にも鮮やかな黄色の色素であるカロテノイドの存在が電子顕微鏡を使った研究などで確認できとし、研究を中心的に担った同大大学院工学研究院生命機能科学部門の小関良宏教授は「従来なかった色鮮やかな黄色いカーネーション品種の開発に期待が持てる。カーネーションのバリエーションが増える日も近い」と述べている。

【農研機構】

【東京農工大学】

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る