Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:カスケード
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

黒穂病抵抗性のサトウキビを選抜できるDNAマーカー開発 農研機構2021年6月24日

一覧へ

農研機構は、トヨタ自動車と共同で、黒穂病くろほびょうに強い、抵抗性のサトウキビ個体の選抜に利用できるDNAマーカーを開発。サトウキビの重要病害である黒穂病に対し、抵抗性品種の効率的な育成が可能になる。

黒穂病に感染したサトウキビ。茎の先端部から黒色の鞭状物(矢印)が発生黒穂病に感染したサトウキビ。茎の先端部から黒色の鞭状物(矢印)が発生

黒穂病は世界中のサトウキビ生産地域で発生が確認されている重要病害。黒穂病に感染したサトウキビに対して有効な薬剤はなく、抵抗性品種の利用が主要な防除手段となっている。品種育成の際は、苗の準備に3年以上かかる接種試験で黒穂病抵抗性の個体を選抜する必要があり、効率的な選抜が可能なDNAマーカーの開発が望まれていた。

そんな中、トヨタ自動車が2016年に開発したゲノム解析技術「GRAS-Diグラスディーアイ技術」により、サトウキビにおけるDNAマーカー開発の道が開かれたため、農研機構は同社と共同で、サトウキビの黒穂病抵抗性個体を選抜できるDNAマーカーの開発に着手。黒穂病抵抗性に優れる飼料用サトウキビ品種「やえのうしえ」について、連鎖地図を作成し、黒穂病抵抗性の遺伝解析を行った結果、黒穂病抵抗性に関わる遺伝領域が第8連鎖群にあることが明らかになった。

さらに、この遺伝領域に存在し、黒穂病抵抗性の個体を選抜できるDNAマーカーを開発。同DNAマーカーを活用することで、黒穂病抵抗性サトウキビ品種の育成を効率的に進めることが可能となる。

「やえのうしえ」の黒穂病抵抗性に関わる遺伝領域「やえのうしえ」の黒穂病抵抗性に関わる遺伝領域

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

DiSC:SP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る