おきなわ50年バナーPC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:ナリアWDG
JA全中中央①PC
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(SP)センター

タマネギべと病 県北部でやや多発 今後多発の懸念 和歌山県2022年4月20日

一覧へ

和歌山県農作物病害虫防除所は、タマネギべと病の発生を県北部で確認。これを受け、4月20日に病害虫発生予察注意報第1号を発令した。

タマネギべと病越年罹病株(写真提供:和歌山県農作物病害虫防除所)タマネギべと病越年罹病株(写真提供:和歌山県農作物病害虫防除所)

和歌山県内ではタマネギべと病越年罹病株の発生が多く、3月22日付けで令和3年度病害虫発生予察注意報(第4号)を発表。4月中旬の調査では、二次感染株の発生がやや多く認められた。

4月中旬の県北部における二次感染株の発生ほ場率は43%(平年29%)、発病株率は3.4%(平年1.2%)と平年に比べてやや高い。発生ほ場率は40%を超えており、発病株率は前年より高い。同病は、気温が15℃前後で降雨が多いときに発生が多くなる。大阪管区気象台より発表された1か月予報(予報期間:4月16日~5月15日)によると、降水量が平年並または多い確率ともに40%の見込み。今後の気象条件により同病の多発生が懸念される。

タマネギべと病二次感染株の病斑(写真提供:和歌山県農作物病害虫防除所)タマネギべと病二次感染株の病斑(写真提供:和歌山県農作物病害虫防除所)

同防除所では次のとおり防除対策を呼びかけている。

〇ほ場をこまめに見回り、発病葉を除去して早急に薬剤散布を行う。除去した発病葉は、ほ場の外に持ち出して適切に処分する。また、収穫後の発病葉は翌年の発生源となるので、集めてほ場の外に持ち出し適切に処分する。

〇分生胞子の飛散による感染拡大を防ぐため、発生が認められないほ場においても予防散布を徹底する。

〇同一系統の薬剤の連用は耐性菌の発生を助長するため、複数系統の薬剤 による ローテーション散布を行う。

〇排水を良好にし、降雨による浸冠水や停滞水をなくす。

〇防除薬剤は最新の登録情報(農林水産省 農薬登録情報提供システム)を参照し、適正に使用する。

【農林水産省 農薬登録情報提供システム】

最新の記事

ナガセサンバイオSP 2022

みどり戦略

おきなわ50年バナーSP

注目のテーマ

注目のテーマ

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る