おきなわ50年バナーPC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドPS:バスタ液剤210125
FMCセンターPC:ベネビア®OD
JA全中中央SP

チャノミドリヒメヨコバイ 県内全域で多発生に注意 長崎県2022年5月19日

一覧へ

長崎県病害虫防除所は、茶にチャノミドリヒメヨコバイの発生を県内全域で確認。これを受け、5月18日に病害虫発生予察注意報第1号を発令した。

チャノミドリヒメヨコバイ 県内全域で多発生に注意 長崎県

5月前期の巡回調査(19筆)の結果、たたき落とし虫数(A4版トレイ)は11.3頭(平年2.1頭)。発生ほ場率は89.5%(平年58.3%)だった。

同防除所では次のとおり防除対策を呼びかけている。

〇二番茶・三番茶の萌芽~開葉初期に重点的に防除を行う。

〇中切り等の更新園、摘採中止園、幼木園などでは、茶芽生育期間が長いため被害が継続し、樹勢へ及ぼす影響が大きいことから、特に注意する。

〇薬剤抵抗性発達防止のため、同一系統の薬剤を連用しない。

最新の記事

コルテバ・リンズコア右上長方形:SP

みどり戦略

おきなわ50年バナーSP

注目のテーマ

注目のテーマ

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る