2022夏季特集:PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
石原バイオサイエンスヘッドSP:ネマトリンエース
FMCセンターPC:ベネビア®OD
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(SP)センター

【注意報】ネギにシロイチモジヨトウ 県内全域で多発のおそれ 埼玉県2022年7月29日

一覧へ

埼玉県病害虫防除所は、ネギにシロイチモジヨトウが県内全域で多発するおそれがあるとして、7月27日に病害虫発生予察注意報第3号を発令した。

シロイチモジヨトウ若齢幼虫(体長約2ミリ)(写真提供:埼玉県病害虫防除所)シロイチモジヨトウ若齢幼虫(体長約2ミリ)(写真提供:埼玉県病害虫防除所)

病害虫防除所が設置したシロイチモジヨトウのフェロモントラップへの雄成虫誘殺数が、深谷市、越谷市、杉戸町の3か所全てで多い傾向が続いており、平年の2倍を超える地点も確認されている。

7月21日に気象庁が発表した季節予報によると、関東甲信地方の向こう1か月の気温は高く、降水量はほぼ平年並と予想されている。ネギほ場で幼虫の食害が確認されており、今後、被害拡大が懸念される。

シロイチモジヨトウによる被害葉(写真提供:埼玉県病害虫防除所)シロイチモジヨトウによる被害葉(写真提供:埼玉県病害虫防除所)

同防除所では次のとおり防除対策を呼びかけている。

(1)早期発見に努め、卵塊やふ化直後の1~2齢幼虫の集団を見つけたら速やかに取り除き、ほ場外で適切に処分する。

(2)幼虫が作物内に食入してしまうと薬剤効果が低下するため、被害を確認したら直ちに防除を実施する。

(3)老齢幼虫に対しては薬剤効果が低下するため、薬剤散布は若齢幼虫のうちに実施する。また、同一系統の薬剤の連用は避ける。

最新の記事

シンジェンタ右上長方形:SP

みどり戦略

住友化学住友化学右正方形2SP

注目のテーマ

注目のテーマ

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る