2022夏季特集:PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCトップSP:育苗箱混合剤
FMCセンターPC:ベネビア®OD
FMCプレバソンSP

【注意報】キャベツ、ハクサイなどアブラナ科野菜に「ハイマダラノメイガ」県内全域で多発のおそれ 兵庫県2022年8月18日

一覧へ

兵庫県病害虫防除所は、キャベツ、ハクサイ、ブロッコリー、ダイコン等のアブラナ科野菜に「ハイマダラノメイガ(別名:ダイコンシンクイムシ)」が県内全域で多発するおそれがあるとして、8月12日に病害虫発生予察注意報第2号を発令した。

【注意報】アブラナ科野菜に「ハイマダラノメイガ」ハイマダラノメイガの成虫(体長は約10ミリ)(写真提供:兵庫県病害虫防除所)

ハイマダラノメイガの成虫(体長は約10ミリ)(写真提供:兵庫県病害虫防除所)

県立農林水産技術総合センター(加西市)で実施しているハイマダラノメイガの誘致植物(クレオメ)による調査で、7月第1週以来、花枝への寄生率が平年より高く推移している。7月第4週(7月27日)の調査では、寄生率が51.9%と、平年(15.8%)を大きく上回った。多発年だった2021年(47.0%)および、2020年(52.0%)とほぼ同等で、その後も平年より高く推移している。

【注意報】アブラナ科野菜に「ハイマダラノメイガ」クレオメに寄生する幼虫(生長点の食害)(写真提供:兵庫県病害虫防除所)

クレオメに寄生する幼虫(生長点の食害)(写真提供:兵庫県病害虫防除所)

8月4日に発表された向こう1か月の近畿地方の気象予報では、気温が平年より高く推移すると予想。同種の増殖に好適な条件であることから、発生はさらに増加すると考えられる。

県内のアブラナ科野菜の早期作型では、一部の育苗ほ場で同種の発生が確認されている。今後、野菜類の育苗や本圃への定植(ダイコン等の直播栽培を含む)の盛期となることから、対象作物での被害が拡大することが懸念される。

【注意報】アブラナ科野菜に「ハイマダラノメイガ」食害を受けたキャベツ

写真左:食害を受けたキャベツ(定植直後)、写真右:食害を受けたキャベツ。正常に結球しない(写真提供:兵庫県病害虫防除所)

同種はアブラナ科野菜を特異的に加害し、成虫は体長約10ミリで、生長点付近に1卵ずつ産卵する。また、幼虫は、作物の育苗期~本圃栽培初期では、生長点付近に食入し、葉を綴り合わせて食害する。生育初期に食害されると成長が止まり、キャベツ等の結球野菜では、食害を受けた株は結球しなくなり、商品価値を失うため、1頭でも株に存在すれば減収につながる。

同防除所では次のとおり防除対策を呼びかけている。

〇加害を確認してからの対策では手遅れとなるため、発生盛期の8月中旬~9月下旬頃に育苗や播種・定植をする場合は、同種による加害が起こることを前提とした予防的防除に努める。

〇寒冷紗や防虫ネット、不織布による被覆は、成虫の飛来・産卵防止に効果がある。防虫ネットの目合いは、2×4ミリ以下で十分な防除効果が得られる。被覆資材の利用の際は、内部が高温になりすぎないように注意する。成虫は夜間に活動(産卵)するため、黄色灯の利用も飛来・産卵防止効果が期待できる。

〇播種・定植時や育苗期に、粒剤や潅注で薬剤処理をした場合でも、その後の降雨などの条件により、十分な効果が得られないこともある。本圃での発生状況に注意して、必要に応じて薬剤散布を実施する。薬剤散布を行う場合、病害虫・雑草防除指導指針(兵庫県農薬情報システム)等を参考に薬剤を選定し、農薬使用基準を遵守する。

最新の記事

シンジェンタポータルフェーズ:右上長方形SP

みどり戦略

住友化学住友化学右正方形2SP

注目のテーマ

注目のテーマ

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る