人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッダー:FMC221007SP
JA全中中央①PC
日本曹達 231012 SP

【注意報】りんごにキンモンホソガ 県下全域で多発のおそれ 岩手県2023年5月8日

一覧へ

岩手県病害虫防除所は、りんごにキンモンホソガが県下全域で多発のおそれがあるとして、4月28日に令和5年度病害虫発生予察注意報第4号を発令した。

キンモンホソガの被害葉(マイン)(写真提供:岩手県病害虫防除所)キンモンホソガの被害葉(マイン)(写真提供:岩手県病害虫防除所)

令和4年度の巡回調査での発生園地率は、年間を通じてやや高い~高く推移した。2022年秋期は、マイン(写真)が多数確認されたことから、今年の越冬密度は高かったと考えられる。

4月後半の巡回調査における卵の発生園地率は県中部で高く、県北部では見られなかった。基準圃場(北上市成田:無防除)におけるフェロモントラップの越冬世代の誘殺は、平年より3半旬早い4月第2半旬に羽化盛期が認められた。有効積算温度に基づく第1世代の羽化盛期の予測から、防除適期は平年より早いと予測される。

同防除所では次のとおり防除対策を呼びかけている。

〇多発園(20果叢当たり5マイン以上の発生園)では、第1世代の羽化状況に応じて第2世代を対象とした防除を行う。前年多発園地では、今年も多発傾向にあるため、注意してマインを観察する。

〇第1世代羽化時期に合わせて適期に防除する。ネオニコチノイド剤は羽化始期~羽化揃期、IGR剤は羽化始期~羽化盛期に使用すると効果が高い。羽化始期は羽化盛期の5日前、羽化揃期は羽化盛期の5日後が目安となる。

重要な記事

240425バサグラン・エアーCP_SP

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る