人事2024 左バナー 
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッダー:FMC221007SP
FMCプレバソンPC
FMCプレバソンSP

フード・アグリテック分野のオープンイノベーション拠点 新横浜に開設 マクニカ2024年4月1日

一覧へ

マクニカ(神奈川県横浜市)は、フード・アグリテック分野におけるオープンイノベーション拠点となる「Food Agri Tech Incubation Base」を新横浜にある同本社第2ビル横に設置。次世代植物工場の開発・実装に向けた設備と体制を構築した。

フード・アグリテック分野におけるオープンイノベーション拠点「Food Agri Tech Incubation Base」(横浜市)フード・アグリテック分野におけるオープンイノベーション拠点「Food Agri Tech Incubation Base」(横浜市)

「Food Agri Tech Incubation Base」は、40ftのコンテナ内で、高付加価値品種の人工光型水耕栽培を行いながら、植物工場における企業の枠を超えた新しい価値を生み出すオープンイノベーション拠点。今後、環境データ・生育データの取得/AI解析、生育環境の最適化、作物病気診断など様々なテーマでのPoCを実施し、共創パートナーとともに次世代植物工場に向けたサービス開発を推進する。

同社は、「持続可能な地球環境を創る」を重要課題の一つと位置づけ、土地や環境に依存せずに作物の収量・品質を安定させる栽培方法である環境制御型農業(Controlled Environment Agriculture: CEA)の推進に取り組んでいる。環境制御型農業は、栽培環境にセンサーやAI、ロボティクスなどのテクノロジーを導入し、人の作業工数削減、栽培ノウハウの継承、特定の成分に特化した高価値な作物の開発などを実現するもの。こうした環境制御型農業は、データを収集してそれを蓄積・解析し、現実世界へフィードバックするという、サイバーフィジカルシステムによって成立する。

「Food Agri Tech Incubation Base」の内部「Food Agri Tech Incubation Base」の内部

このほど設置した「Food Agri Tech Incubation Base」はフードアグリテック分野でのデータを共創パートナーとともに収集するための施設で、株式会社NEXTAGEのわさび栽培モジュールをベースとし、内部は、同NEXTAGE社と共同開発する栽培エリアと、オープンイノベーションの場としての共創エリアに分かれている。

マクニカは、半導体事業で培った各種センサーやエッジAIなどリアル空間におけるハードウェアの知見、ネットワーク事業やAI事業で培ったサイバー空間におけるソフトウェア開発やデータ蓄積・AI解析の技術と掛け合わせることで、サイバーフィジカルシステムの領域を拡大する。

重要な記事

日本曹達_ナブ乳剤_SP

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る