人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCベリマークSC:(SP)センター
FMCセンターPC:ベネビア®OD
FMCプレバソンSP

植物育成用照明「フィリップスLEDインターライティング」白河市のトマト栽培で導入 シグニファイ2024年4月12日

一覧へ

シグニファイジャパンは、福島県白河市のみちのく白河農園のトマト栽培を行う温室(南棟)に植物育成用LED照明「フィリップスグリーンパワーLEDインターライティング」を導入。冬場の日射量の不足をLED照明で補い、作物の品質・収穫量の安定した周年栽培を目指す。

「フィリップスグリーンパワーLEDインターライティング」を使用するトマト栽培の温室(みちのく白河農園)「フィリップスグリーンパワーLEDインターライティング」を使用するトマト栽培の温室(みちのく白河農園)

みちのく白河農園のある白河市周辺は、冬場の日射量が少なく冬季の作物を安定的に育成することが課題。同農園では、不足する日射量を補うためLED照明による"補光"を検討し、シグニファイジャパンの「フィリップスLEDインターライティング」を選定した。

LED照明による補光は、より強く、均一な作物へと品質を安定化。また、同じ空間で栽植密度を上げることが可能になるなど、収穫量の向上が効果として挙げられる。同社は今後、収量シミュレーションや補光に合わせた栽培管理、また生育状況を見ながら効率の良いLED照明の使用方法についてサポートする。

フィリップスLEDインターライティングフィリップスLEDインターライティング

「フィリップスグリーンパワーLEDインターライティング」は、エネルギー効率が高く、年間を通して新鮮で風味豊かな作物がよく育つよう特別に開発された植物育成用LED照明。植物の樹間に照明を設置することで、光の届きにくい中間層や下層に十分な光を与えることができ、生産量の向上と生産の安定化を可能にする。トマト、キュウリ、パプリカ、ナスなど対象作物の味と品質を維持しながら収穫量の増加が期待できる。

重要な記事

ヤンマーSP

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る