人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
240401・ニッソーグリーン マスタピース水和剤SP
FMCプレバソンPC
日本曹達 231012 SP

「関東地域における大豆有機栽培技術体系」SOP公開 農研機構2024年4月17日

一覧へ

農研機構は4月16日、関東地域における大豆有機栽培技術体系を開発し、標準作業手順書(SOP)を公開。同手順書では、品種選択や病害虫・雑草防除のポイント等をわかりやすく示している。

「関東地域における大豆有機栽培技術体系」標準作業手順書を公開「関東地域における大豆有機栽培技術体系」標準作業手順書を公開

農林水産省は、2021年に「みどりの食料システム戦略」を策定し、その中で「2050年までに、有機農業の取組面積の割合25%(100万ha)」という目標を掲げている。この達成には水稲や大豆など土地利用型作物の面積拡大が重要となるが、これまで大豆有機栽培については栽培体系が確立されていなかった。

そこで農研機構中日本農業研究センター(茨城県つくば市)は、大豆の有機栽培で問題となる雑草や病害虫等へ対応する技術を開発・体系化。このほど「関東地域における大豆有機栽培技術体系」標準作業手順書として取りまとめ公開した。

同標準作業手順書の主なポイントとして、品種や播種時期の変更による収量確保や虫害回避、早期の中耕培土による雑草防除などの効果を具体的データを示しながら解説。現在、大豆の有機栽培を実施中または検討中の生産者は、同標準作業手順書を活用することで関東での生産拡大に役立てることができる。また、今後は水田転換畑での水稲・大豆等を含む有機栽培体系構築にも活用できる。

重要な記事

ヤンマーSP

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る