人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCベリマークSC:(SP)センター
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

養分欠乏下で高い生産性 陸稲品種 マダガスカルで「Mavitrika」開発 国際農研2024年4月19日

一覧へ

国際農研は、マダガスカル国立農村開発応用研究センター(FOFIFA)とアフリカ稲センター(AfricaRice)と共同で、新たな陸稲品種として養分欠乏下で高い生産性を示す「Mavitrika(マヴィチカ)」を開発。マダガスカル共和国で3月21日に品種登録され、同国のChristian NTSAY首相、農業畜産大臣、高等教育・科学技術大臣の列席のもと、新品種が公表された。

新品種種子贈呈の贈呈式で。NTSAY首相(中央)と農家代表新品種種子贈呈の贈呈式で。NTSAY首相(中央)と農家代表

新品種「Mavitrika」は、マダガスカルの主食であるコメの生産性向上に貢献する成果として、農家や普及を担当する行政機関の関心が高く、新聞、テレビなど、数多くの現地メディアに取り上げられた。

開発した新品種は、「Mavitrika」は、マダガスカル語で「活力のある」という意味をもち、成長(成熟)が早く、生産性の低い環境でもよく育つ、という新品種の特性から、FOFIFAの研究者が提案。同品種は、低肥沃度環境で優れた生産性をもち、インドやバングラデシュで雨季前半に栽培されるアウス稲のDJ123とサブサハラアフリカの主要陸稲品種であるNERICA4の交雑後代から選抜、育成された。

2020年から2023年にかけて、マダガスカルの計31地点の栽培環境で生産力試験を実施した結果、同国の主力陸稲品種のNERICA4に比べて、平均で6日短い到穂日数(播種日から出穂日までの生育日数)であること、低収量環境ではNERICA4に比べて19%有意に高い収量性であることを実証した。

「早生性」と「収量性」は稲の品種選択において農家が重視する形質であることから、Mavitrikaがもつ生育特性は、特に低収量地域の需要に合致するといえる。

陸稲新品種「Mavitrika」の外観(左から穂、籾、玄米、精白米)陸稲新品種「Mavitrika」の外観(左から穂、籾、玄米、精白米)

さらに、農家への食味試験と栄養成分分析を実施した結果、NERICA4と同等の嗜好性であることを確認。また、対象地域で栽培された場合の精白米中の亜鉛含量が29ppmと、NERICA4よりも23%高く、微量栄養素不足の改善にも寄与し得ることが確認された。これらの特性から、マダガスカル農業畜産省種子管理委員会が、マダガスカルの稲作農家へ普及できる可能性が十分に高いと判断し、今回の品種登録に至った。

今後、国際農研は、FOFIFAや農業畜産省と共同で、新品種の認証種子生産と農家への普及を進める。マダガスカルは、一人当たりのコメ消費量が日本の2倍以上で、国民の半数以上が稲作に従事する稲作大国だが、国民の主食・主業であるイネの生産性が今日まで停滞しており、亜鉛をはじめ、微量栄養素の不足も深刻。新品種が普及することで、マダガスカルの安定的なイネ生産と栄養改善や貧困削減に貢献することが期待される。

重要な記事

ヤンマーSP

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る