人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
ヘッダー:FMC221007SP
FMCプレバソンPC
日本曹達 231012 SP

世界初 退緑黄化病抵抗性メロン「アールスアポロン」シリーズ4品種を育成 農研機構2024年7月10日

一覧へ

農研機構と萩原農場生産研究所は共同で、世界で初めての退緑黄化病抵抗性メロン新品種「アールスアポロン」シリーズ4品種を育成した。同品種は、葉が黄色くなり果実の品質を低下させる退緑黄化病が発生している地域においても、高品質なメロン果実の生産に貢献する品種として期待される。

メロンは主要な果実的野菜の一つだが、特にハウスで栽培されるアールス系メロン(果皮のネットが美しく、果実に枝の部分がT字に付いた状態で販売されるタイプのメロン)の産地では近年、退緑黄化病が発生し大きな問題となっている。退緑黄化病はウリ類退緑黄化ウイルス(Cucurbit chlorotic yellows virus、CCYV)を病原とするウイルス病で、タバココナジラミによって伝搬される。

世界初 退緑黄化病抵抗性メロン「アールスアポロン」シリーズ4品種を育成 農研機構図1:新品種「アールスアポロン」の果実

メロンがCCYVに感染すると、葉に緑色が薄くなった(退緑)小斑点を生じた後、葉全体が黄色くなり(黄化)、果実重及び糖度が低下するため商品価値が著しく低下。特に、防除効果の高い農薬が限られるタバココナジラミ系統の発生が増えており、従来の方法では十分な防除が難しいのが現状であることから、退緑黄化病抵抗性品種の開発が強く求められている。

そこで、農研機構が開発した退緑黄化病抵抗性系統と、萩原農場が保有する優良親系統を交配して育種を進め、世界で初めての退緑黄化病抵抗性を有するメロン新品種「アールスアポロン」シリーズ4品種(夏系、春秋系、早春晩秋性、秋冬系のF1品種)を育成した(図1)。

同品種は、CCYVに感染しても症状が軽く(図2)、果実重や糖度が低下しにくいため、退緑黄化病が発生している地域における、高品質なアールス系メロン果実の安定生産に貢献する品種として期待される。同品種は、7月から種子の販売を開始した。

図2:メロン生産者ほ場(退緑黄化病発生地域)での試作状況 (A)退緑黄化病による葉の黄化が少ない新品種「アールスアポロン」(左)と黄化が激しい罹病性品種。 (B)正常な「アールスアポロン」の果実(左)と果実が小さく、ネット形成も悪い罹病性品種の果実図2:メロン生産者ほ場(退緑黄化病発生地域)での試作状況
(A)退緑黄化病による葉の黄化が少ない新品種「アールスアポロン」(左)と黄化が激しい罹病性品種。
(B)正常な「アールスアポロン」の果実(左)と果実が小さく、ネット形成も悪い罹病性品種の果実

重要な記事

日本曹達_ナブ乳剤_SP

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る