左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドPS:バスタ液剤
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

小学校の"花育"を応援 住友化学園芸2013年12月27日

一覧へ

 住友化学園芸(株)は、小学校での"花育"を支援する活動「学校花壇&菜園応援プロジェクト」に取り組んでいる。平成26年も2月1日から参加校の募集をスタートする。

活動のようす “花育”とは、幼いころから花に親しみ、育てることで、自然環境や生命について考えるきっかけづくりをしようという運動。近年、食育と並んで、全国の自治体や小学校で盛んに行われている。
 同社のこのプロジェクトは、平成21年から毎年行っており、例年、全国のたくさんの学校から応募がある。
 子どもたちに花や野菜を育てる楽しさ、すばらしさを知ってもらおうと、同社の肥料や虫よけ製品、花と野菜のタネなど花壇・菜園づくりに役立つ園芸資材をセットにして全国45校の小学校へ提供する。さらに、提供先の学校で花や野菜が育つ様子や子どもたち、先生からのメッセージを同社のWebサイト「eグリーンコミュニケーション」で公開し、学校の取り組みを全国にも紹介する。また、希望に応じて、園芸研究家や同社スタッフが「花育キャラバン隊」として学校訪問を行うこともある。
 プレゼントするのは、1校につき[1]肥料&虫よけセット(「マイガーデン植物全般用」350g入り40袋2ケース、「マイガーデンベジフル」700g入り20袋2ケース、「花工場原液」480ml入り30本2ケース、「虫クンナー180日用」3個入り20袋2ケース) [2]花と野菜のタネ5種類計100袋。
 応募期間は2月1日から4月30日まで。抽選で各月15校ずつ合計45校に提供する。
 応募できるのは学校の教員や関係者、児童やその保護者など。応募はeグリーンコミュニケーションから。

(写真はイメージです=活動のようす)

 また、東日本大震災からの復興支援として、同様の園芸資材セットを被災地で緑化活動に取り組む自治体、団体などに提供する「花と緑の復興支援プロジェクト」にも取り組んでいる。
 こちらも応募期間は2月1日から4月30日まで。書類審査の上、各月10団体ずつ計30団体に提供する。
 応募は上記ホームページで。


(関連記事)

住友化学、アルゼンチンに販売拠点(2013.09.19)

住友化学、米国で生活環境事業統合(2013.08.21)

水稲用除草剤の拡販めざす 住友化学(2013.05.28)

水稲除草剤「プロピリスルフロン」韓国で販売(2013.05.15)

住友化学、白元に19.5%出資(2013.05.10)

最新の記事

ナガセサンバイオSP

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る