農薬 ニュース詳細

2013.08.21 
住友化学、米国で生活環境事業統合一覧へ

 住友化学は8月12日、米国の生活環境事業を統合すると発表した。

 生活環境事業は家庭用・業務用の殺虫剤などを取り扱っており、同社の健康・農業関連事業部門のコア事業の一つ。
 北米地域では、同社の100%子会社Valent U.S.A. Corporationが100%出資するVBC社と、連結子会社であるMGK社の2社体制で展開してきたが、開発販売体制を強化するねらいから両社の事業を統合することにした。
 同社は世界有数の市場である北米地域を戦略上の重点地域としており、今回の事業統合と契機に同地域での生活環境事業をさらに拡大させたい考えだ。


(関連記事)

水稲用除草剤の拡販めざす 住友化学(2013.05.28)

水稲除草剤「プロピリスルフロン」韓国で販売(2013.05.15)

住友化学、白元に19.5%出資(2013.05.10)

トルコに農薬販売会社を設立 住友商事(2013.04.05)

住友化学 シンガポールに事業支援の新会社(2013.03.28)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ