農機・資材 ニュース詳細

2014.08.20 
中国で農POフィルム生産拡大 住友化学一覧へ

 住友化学は8月12日、中国での高機能農業用ハウスフィルム製造設備を増強し、生産能力を現行の2.5倍にすることを発表した。

 同社は中国遼寧省大連市の地元企業との合弁会社「大連住化金港化工有限公司」で、高機能農業用ハウスフィルム(農POフィルム)を生産している。
 中国では、高付加価値な花き、園芸作物などの栽培が広がっており、これに使う農POフィルムも、廉価版よりも高機能製品への置き換えが進んでいる。同社が製造する農POフィルムは透明性、流滴性、耐久性が高いと現地で高く評価されている。
 今回の施設整備では、これの広幅型の設備を増設し、生産能力を現状の年間4000tから同1万tへ強化する予定だ。新施設の操業は2016年4月を予定している。

 

(関連記事)

米国で新規大豆用種子処理剤を発売 住友化学(2014.07.18)

【農薬登録情報】6剤が登録(7月9,10日付)(2014.07.16)

タンザニアに子会社 住友化学(2014.05.26)

【決算】海外で除草剤が好調 住友化学(2014.05.16)

【人事速報】住友化学 米倉会長・CEOが退任(2014.05.13)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ