Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
BASFヘッドSP:ナリアWDG
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

産業用ドローンをインフラ点検に活用 コンセプト・デンソー2017年7月28日

一覧へ

 (株)コンセプト(本社:東京都千代田区、以下Qoncept)は、(株)デンソー(本社:愛知県刈谷市)が開発中の、道路の橋などの社会インフラの点検に使用する産業用UAV(ドローン)向けに、画像認識技術を用いた飛行速度制御装置の実装を進めている。

特徴点群の移動量から速度を推定 Qonceptはこれまで、大阪大学発の研究開発型技術ベンチャー企業として、「Qoncept 4D Tracker」、「Qoncept Visual SLAM」、「Qoncept AR Engine」などの独自の画像処理技術を開発し、放送やスポーツなどの現場で、実用可能な技術として評価され、発展を遂げてきた。
 特にスポーツ分野では、リアルタイムで使用可能な計測技術として、国際大会などの大舞台で活用されている。
 またドローンの分野でも、画像処理によるドローンの自動制御技術の研究開発を実施しており、東京都の助成金事業「次世代イノベーション創出プロジェクト2020助成事業」にも、採択されている。
 産業用UAV(ドローン)を活用したインフラ点検において、損傷点検用に撮影する画像の質および量を必要十分なものとするためには、機体の進行速度を一定に保つという方法がある。

(写真)特徴点群の移動量から速度を推定


 一般的に屋外では、GPSを活用することが考えられるが、橋の下などGPSによる測位精度が低い環境では、機体の速度推定の精度は相対的に悪化する。
 今回、デンソーのUAVは、機体の速度推定の精度を上げるために、Qonceptの画像認識技術を用いた開発を進めている。
 具体的には、機体に搭載されたステレオカメラで橋の裏側などを撮影する場合、Qonceptの画像認識技術には、検出された特徴点の単位時間あたりの三次元的な移動量を計算することで、機体の速度をリアルタイムに推定する技術が搭載されている。それを、フィードバックすることで、安定飛行による撮影に寄与する、というものだ。
 UAV(ドローン)は、小型・軽量であるという性質上、計算資源が限られている。そのため、機体に搭載されるソフトウェアにも、限られた計算資源でも適切に動作することが求められる。
 ドローン対応でも、ニュートラルな最適化対応や、リアルタイム画像処理についての豊富な経験など、Qoncept独自の技術開発力や実績が評価されている。
 今後もQonceptでは、速度推定技術にとどまらず、画像認識技術による産業用UAV(ドローン)の安定飛行、操縦者の負担軽減、撮影の最適化などに寄与する技術開発を進めていく考えだ。

画像から特徴点を検出

(写真)画像から特徴点を検出

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る