農機・資材 ニュース詳細

2018.12.07 
8.4インチモニターで農機の走行ルートを可視化 トプコン一覧へ

 農業の自動化を推進するトプコン(株)は、GNSS(衛星測位システム)を使って農機の走行ルートを案内表示する商品を新たに発売した。

コストを抑えたエントリーモデル「X23」 従来品「X25」からハンドル操作に関わるシステム部分を削り、コストを抑えたエントリーモデル「X23」(=写真)。手持ちの機械に装着可能で、ガイドに沿って運転すれば数センチ単位のロスが修正できる。
 代掻き、肥料散布、防除作業など、肉眼で確認が難しかった作業で威力を発揮する。防塵・防水にも対応し、-25度から65度まで広域で使用できる耐性も備えた。

 なお、購入後オプションソフトと追加部材で自動操舵も可能になる。価格はオープン。
 詳しくは、トプコン ガイダンスシステム X23 / SGR-1をご覧ください。

 

【ガイダンスシステム構成図(最小構成)】

 

ガイダンスシステム構成図(最小構成)

 

(関連記事)
高校生のビジネスプラン ファイナリスト10プラン決定 日本公庫(18.12.04)
スマート農業 19年夏までに推進プログラム-活力創造プラン(18.12.06)
共同ドローンビジネス開発で独占契約-バイエルクロップサイエンス(18.11.19)

一覧はこちら


このページの先頭へ

このページの先頭へ