農機・資材 ニュース詳細

2019.11.15 
一面に広がる花畑を庭で 春まきの定番3品目を追加 サカタのタネ一覧へ

 サカタのタネは、通常規格より内容量の多い絵袋種子「景観用ボリュームパック」に2020年春の新商品として「景観用ボリュームパック コスモス」「同ひまわり」「同マリーゴールド」の3商品を追加し、12月上旬に発売する。

絵袋種子「景観用ボリュームパック」の2020年春の新商品絵袋種子「景観用ボリュームパック」の2020年春の新商品

 いずれも観光地や公園など大規模な植栽に使われることが多い品目で、一面に咲く花畑がメディアで大きく取り上げられることもあり、景観用品目として人気が高まっている。同社は、新たに3品目を内容量が多いボリュームパックシリーズに加えることで、自宅でも花畑を楽しみたいという声に応えた。
 「景観用ボリュームパック コスモス」は比較的短期間で開花する早咲きタイプで、花径約8センチの大輪で見ごたえがあるコスモス。「同ひまわり」は、花径約25センチの大輪で、黄色の花弁に芯は黄緑色の花色 で夏の青空に映える色合い。また、「同マリーゴールド」は、イエローとオレンジの混合で、開花期が長く、6月頃から晩秋まで花を楽しめる。
 景観用品目は比較的丈夫で育てやすく、園芸初心者でも栽培を楽しめる。
 「景観用ボリュームパック コスモス」が約5平方メートル分、「同ひまわり」が約7平方メートル分、「同マリーゴ ールド」は約3平方メートル分。希望小売価格はいずれも300円(税抜)。
 全国の種苗店、園芸店、ホームセンター、サカタのタネガーデンセンター横浜で12月上旬から順次販売。

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ