Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
石原ヘッド:SP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

補助金、支援制度の認知3割 実態・意識調査 唐沢農機2020年3月18日

一覧へ

 唐沢農機サービス(長野県東御市)は、「農家・農業に関する調査」を実施。結果を、同社が運営する農業メディア「TSUCHIKAU(ツチカウ)」で発表した。

 調査は3月4日~9日、全国の農業収入がある20才以上の自営農家男女と農業に関心のある全国の20才以上の男女を対象に実施。その結果、農業関連の各補助金・支援制度について、内容を認知している人はいずれも3割弱にとどまった。名称認知も半数程度で、制度の周知が課題であることが浮き彫りになった。

 補助金・支援制度の不満点としては、「手続きが面倒」に次いで「どんなものがあるのか」「審査」「期間」「受け方」が上位。さらに、有機農業への関心度は農家よりも一般農業関心層の方が高く、農業関心層の有機農業に対するイメージは「安心・安全」がトップ。一方、農家では「手間がかかる」「効率が悪い」が目立った。

【「農家・農業に関する調査」調査結果サマリー】

◆今回提示した各補助金・支援制度については、内容認知はいずれも3割弱

今回提示した各補助金・支援制度については、内容認知はいずれも3割弱

◆制度イメージは「手続きが面倒」に次いで「どんなものがあるのか不明」が2位

制度イメージは「手続きが面倒」に次いで「どんなものがあるのか」が2位

◆有機農業の関心度は農家よりも一般農業関心層の方が高い

有機農業の関心度は農家よりも一般農業関心層の方が高い

最新の記事

ナガセサンバイオSP 2021

JA人事

DiSC:SP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る