左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドSP:カスケード
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

スマホで土壌分析 JA全農が開発2020年5月22日

一覧へ

JA全農は5月21日、土壌分析用の試験紙とスマートフォンを使った新しい土壌分析ツールを開発し6月下旬から販売を開始すると発表した。

スマホで土壌分析JA全農は土壌の不足養分と過剰な養分を把握する「土壌診断」にもとづく適正施肥によって施肥コストを抑制する取り組みを進めている。今回開発したツールは土壌分析用の試験紙とスマートフォンを組み合わせたツールで、「手軽さ」と「正確さ」を両立させる。

土壌分析には試験紙「スマートみどりくん」と、試験紙の色を1秒足らずでスキャンする簡易測色ツール「Pico」、「Pico」専用のスマートフォンアプリを使う。Picoは小型で現場へ持ち運びができる。

具体的には分析したい土壌試料を採取し(5cc)、プラスチック容器に入れて水を加えて振り、濁った水に試験紙を浸す。その試験紙を測色ツール「Pico」にセットし測定すると、その結果が無線通信(Bluetooth)でスマホにダウンロードしておいたアプリに表示されるという仕組みになっている。

アプリには測定項目(pH、硝酸態窒素、水溶性リン酸、水溶性加里)の分析濃度別に色味が登録されており、これまで人間の目視によって判定していた微妙な色の違いが瞬時に数値化できる。分析データはスマホに保存されるため、ほ場別や時期別の分析結果をいつでも確認できる。

「スマートみどりくん」と「Pico」は全国のJAで購入できる。アプリは無料でダウンロードできる。JA全農は新たなツールの活用を通じて生産者の土づくりを支援していくとしている。

最新の記事

ヤンマーSP

注目のテーマ

注目のテーマ

クミアイ化学右カラムSP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
topへ戻る