左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

植物工場のMIRAI「柏の葉工場」でグローバルギャップを取得2020年5月29日

一覧へ

国内外で植物工場装置を販売、運営するMIRAI(千葉県柏市)は5月27日、主力生産工場の柏の葉工場で国際的な第三者認証、GLOBALG.A.P.(グローバルギャップ)を取得したと公表した。

MIRAIの柏の葉工場MIRAIの柏の葉工場

MIRAI柏の葉工場は、大規模な人工光型植物工場として操業から6年が経ち、野菜の生産、販売を通して植物工場運営のノウハウを蓄積している。

その野菜を購入する50社以上の顧客からは、食の安全や調達の安定・安心を求める声が近年増加。工場の稼働当初とは食や労働の安全、環境保全をめぐる状況は大きく変化しており、ひとつの判断の誤りが経営リスクに直結することが増えている。

そこで同社は、さらなる「生産性向上」と「効率化の促進」のために、グローバルギャップの取得過程に至る第三者のチェックと、そこで見直される生産工程の「見える化」が有効であると考え、従来のマニュアル、掲出物、成果物の見直しから、調達品のコスト低減、営業と工場の生販連携の強化を進めてきた。

また、海外の植物工場システムの輸出・販売・運営支援についても、既存および新規パートナーに対し、設備の提供や栽培技術の支援だけに終わらず、事業運営のノウハウも含めた有益な取り組みになると考えている。現在の新規商談では、グローバルギャップを意識したレイアウト、作業動線、運営手順で進めている。

同社はグローバルギャップの取得にあたり、「この認証取得を契機として日々学習し、新しいことに挑戦し、どのような社会環境にあっても常に会社一丸となって"明るく、積極的、建設的"」に事業を前進させていく」とコメントしている。
 

▽GLOBALG.A.P.
G.A.P.(ギャップ) は、GOOD(適正な)、AGRICULTURAL(農業の)、PRACTICES(実践)で、これらを証明する国際基準の仕組み。世界120か国以上に普及し、GFSI(Global Food Safety Initiative)が承認する国際標準認証規格で、食品安全、労働環境、環境保全に配慮した「持続的な生産活動」を実践する優良企業に与えられる世界共通ブランド。


3月12日に取得したGOBALG.A.P.認証3月12日に取得したGOBALG.A.P.認証

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る