Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
BASFヘッドSP:ナリアWDG
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

秋の家庭菜園は3つの「守る」がポイント タキイ種苗2020年7月10日

一覧へ

タキイ種苗は、家庭菜園ユーザーを応援する『プロが教える家庭菜園のコツ』シリーズの第7回で秋の栽培ポイントを3つ紹介している。

ベビーリーフレタス『ガーデンベイビー』ベビーリーフレタス『ガーデンベイビー』

秋栽培のポイントは次のとおり。

(1)栽培適期を守る
「秋の1日、春の7日」は秋の農作業で1日遅れると、春に7日作業が遅れるのと同じということわざがあるように、タネを播く、苗を植え付ける、収獲する、それぞれの作業に適した期間がある。まだ暑さが残る時期にタネを播くと発芽しにくくなり、適期より遅く播くと、気温が低下して生育が進まずに収獲が遅れてしまう場合がある。パッケージの裏面にある作型表を参考にしながら栽培適期を守るように呼びかけている。

(2)虫から野菜を守る
同社が2019年に調査した「家庭菜園で失敗した原因」の結果では虫の発生が1位だった。虫を防ぐには、タネ播きした後すぐに防虫ネットをかけるのがおすすめ。横から虫が侵入しないよう、洗濯ばさみなどでプランターとネットをしっかり止めることが大切。ネットを外すタイミングは野菜がネットの天井に届くくらい生長した時か、収獲の1週間前くらいが目安。ネットをかけない場合は虫を見つけたら手で捕殺するか、様子を見ながらスプレータイプの殺虫剤を使用して早めの防除を心がけることがポイントとなる。秋に育てる野菜でおすすめなのは、生育期間が1~2か月程度で初心者でも育てやすいコマツナ、ホウレンソウ、リーフレタス、二十日ダイコン。

(3)愛情を込めて見守る
ベランダや庭先でのプランター菜園の最大のメリットはいつでもすぐ見に行けるため、虫に食べられていないか、葉が弱ってきたので肥料を与えようなど野菜の状態を把握できること。食卓に並ぶ日まで愛情を込めて見守ることを呼びかけている。

二十日ダイコン『ニューコメット』二十日ダイコン『ニューコメット』

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る